春吉のJAMSH展

FCBCの壁面ギャラリーに作品を展示してくれたジャスミン・陳さんのグループ展”JAMSH ART EXHIBITION’14」に行ってきました。
JAMSHは今回参加した4人のアーティスト、ジャスミン・陳さん、稲口マンゾさん、ショーン・F・テイラーさん、山口ヒロビロさんの頭文字をとったものです。
4人の出会いは10年前にさかのぼり、この企画は「いつかきっと」と暖めていたものが遂に実現したものです。

会場は自転車屋クロスカントリー中洲店の木の階段を上った3階のギャラリーです。所狭しと作品が並びます。
ジャスミンさんの作品はいつもの動物の絵、人物、そして初めて見る風景画もありました。ランプ、ジュエリーボックス、ティッシュボックスなど絵の他にも様々な作品が展示されています。

樋口さんのジャケットの上に手書きで描かれた「ホネ」、山口さんの「十月十五日」など印象的な作品の中でも、ショーン・F・タイラーさんの二つの作品には驚かせられました。
タイル一枚一枚に作品の断片が描かれていて、それらを並べるとぴったりと一枚の絵が出来上がります。

JAMSHのコンセプトは「表現を続けていくしくみづくり」です。
メンバーはみんなそれぞれの仕事を持ちながら、創作活動を続けているそうです。
ジャスミンさんからのメッセージは「自分の可能性を信じて欲しい。」です。
JAMSH展は、12月27日まで開催されています。是非覗いてみてください。

場所:福岡市中央区春吉3-12-34@ハートアートコミュニケーションギャラリー
時間:11:00〜19:00